HOME > サービス > テント > テント倉庫

28C29san-e-protent.jpg

テント倉庫

保存が長期にわたる場合の資材置き場
商品保管庫または臨時倉庫として使うなら
このテント倉庫が最適です。

固定式テント倉庫

28C29san-e-protent.jpg


保存が長期にわたる場合の資材置き場、商品保管庫または臨時倉庫として使うならこのテント倉庫が最適です。 大空間のテント倉庫も短い製作・施工期間で建てる事が可能です。耐震性に優れた構造、風圧にも有利な形状をしています。

高強度設計

国土交通省告示667号に適合のテント倉庫は長期使用にも耐える設計です。

追求された経済性

強度は保ちながらも、構造を簡素化し、施工費も抑え、徹底したコストダウンを実現。

短期間施工

考えつくされた現地組み立て方法と熟練のテント職人の手による短期施工。

高い耐震性

構造物が軽量であり、屋根、壁面が膜材であるテント倉庫は、他の建築物と比べ高い耐震性をもっています。

優れた透光性

透光性のある膜材は、昼間、照明がなくてもテント内を明るくし、電気代の節減に大きく貢献します。

伸縮式テント倉庫

28C29san-e-protent (1).jpg
倉庫本体がジャバラ状に伸縮することにより、長尺物・重量物など長くて重い資材を保管するのに適したテント倉庫です。機能性抜群の動く倉庫は屋根材・壁材が膜材だからこそ実現を可能とします。

伸縮式テント倉庫の特徴

・全天候型のテントハウスなので、耐候性に優れています。
・ジャバラ方式のため、設置時の建て方用地面積が少なくて済みます。
・プレハブ構造なので、解体・移設も簡単に行え、工事にかかる期間も短くて済みます。
・上屋が伸縮するので、開口部の狭さや奥行きを気にする必要がありません。
・搬入荷物が少ないときは、縮めた状態で収納できるので、空いたスペースを有効に使えます。

片流れテント倉庫

28C29san-e-protent (2).jpg
開口部を広くとる事ができるので、商品等を効率よく保管することが可能です。また雨や雪を一方向に流すことができるので排水処理にも大変すぐれた形状です。

大阪・京都のテント、看板の製作事例